緑内障を放置しない|目に違和感を感じたら病院へ!

医者

放置すると失明する病気

薬

視野障害が出たら要注意

緑内障の特徴は1度診断されると完治できない病気だという点です。診断されたあともしっかり管理しないと症状が進行して失明する恐れがあります。大事なのは諦めることではなく、少しでも不便さを解消するように管理することです。緑内障は点眼薬などできちんとケアを続けると、症状の進み具合が遅くなります。そのため自分で管理するという自覚が必要になります。緑内障には初期症状がないという特徴もあります。それでも早期発見することが進行を遅らせることにつながるのです。最初の自覚症状というのは視野障害です。見える範囲が狭くなったと感じたらすぐに診断を受ける必要があります。また視野の中で一点だけ見えないといった症状も緑内障の可能性があります。

積極的な検査で予防する

緑内障は初期症状がないので発見した時には進行している恐れがあります。しかし積極的に検査を受けることで早期発見ができます。例えば眼科医で眼底写真をとり、眼圧を調べ、視野検査をすることによって発見することができます。日本では40歳以上の人口で20人に1人の割合で緑内障が発症しています。60歳以上では10人に1人と罹患率が上がります。しかし症状がでにくいので潜在的な患者数はもっと多いといわれています。また視野障害はゆっくりと進行するのでわかりにくいのです。60歳を過ぎたら上記のような検査を積極的に受ける必要があります。原因がよくわからないので予防法も確立されていませんが、ブルーベリーやカシスに含まれるアントシアニンが効果があるといった研究もあります。

症状と病院の探し方

お年寄り

緑内障は自覚症状があまりないと言われているのですが、発見する方法がないわけではありません。病院で検査を受けるのはもちろんですが、目が疲れる、街頭を見たら虹が見えるなら疑いましょう。病院探しにはとことん時間を費やして、自分が納得できるところで治療を受けると良いです。

目の健康を守る

薬

緑内障は、失明する危険もある怖い目の病気ですが日本人が発症する病気の中でも多い傾向にあります。眼科での定期的な検診は欠かさないようにして、眼圧を上げないように生活習慣に気を付けることが大切になります。

定期的な眼圧検査は大切

お年寄り

緑内障と白内障は併発することも多い目の病気です。白内障は手術で治りますが、緑内障は治療が遅れると失明してしまうこともあります。症状が軽い場合の治療は眼圧を下げる点眼薬を使います。緑内障は定期的な検査を行い早期発見することが大切です。